アドアーズが堅調、カジノ関連として調整一巡から出直りへ

 アドアーズ<4712.T>が調整一巡から出直る動き。同社はJトラストが株式の43%を保有する筆頭株主で、多角的に事業展開する同グループの非金融部門拠点に位置付けられている。今3月期はJトラスト傘下のキーノートを完全子会社化により最終利益は前期比3.6倍の6億円を見込むが、業績変化に加えカジノ関連の有力株としても注目度が高い。超党派の国会議員で作るカジノ議連(国際観光産業振興議員連盟)は今国会にカジノ解禁に向けた法案を提出する方向と伝えられている。カジノ解禁を巡る政策議論が活発化するなか、同社売上高の8割を占めるアミューズメント部門への強力な追い風材料として意識されている。

アドアーズの株価は11時12分現在210円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)