カルナバイオが続伸、バイオ株全面安の中で異彩

 カルナバイオサイエンス<4572.T>が続伸、きょうはバイオベンチャー関連株が軒並み売られるなかで買い優勢の展開をキープしており異彩を放っている。同社は研究開発型のバイオベンチャーで主力とするキナーゼ酵素販売が好調に推移、今12月期は新薬のライセンスアウトも予定され経常黒字化が見込まれるなど業績浮上への期待が高まっている。株価は前週末の時点でボリンジャーバンドの下限(マイナス2シグマ)に位置していたことで反転のタイミングが意識されていた。

カルナバイオの株価は11時30分現在8万3400円(△1200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)