カカクコムが後場下げ幅を拡大、14年3月期業績予想を上方修正も市場予想下回る

 カカクコム<2371.T>が後場下げ幅を拡大してきた。前引け後に14年3月期の連結業績見通しについて、従来予想の280億円、経常利益137億円から、売上高292億円(前期比25.5%増)、経常利益143億5000万円(同23.6%増)に上方修正した。上期に収益の源泉である運営サイトのトラフィックが計画を大きく上回って推移したことで、ショッピング業務、サービス業務、および食べログ業務の売り上げが好調だったことが要因としている。ただ、QUICKコンセンサスなどでは経常利益153億円前後が見込まれていただけに、失望感が生じているようだ。
 なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高133億7500万円(前年同期比29.4%増)、経常利益65億5900万円(同32.6%増)となった。

カカクコムの株価は12時52分現在1857円(▼75円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)