<後場の注目銘柄>=玉井商船、もち合い上放れ待ったなし

 玉井商船<9127.T>は急騰習性に加えてPBR0.5倍台の割安感が魅力、加えて120円台の値ごろ感を武器に買いの好機を迎えている。

 日軽金系列でアルミ原料や穀物輸送を主力としている。売上高の8割を占める外航海運部門が好調、新造船就航に伴う追い風が強い。円高修正効果および、懸念された燃料価格の上昇も限定的なものにとどまっており、14年3月期は営業黒字化が濃厚だ。同時に復配も視野に入る。仮に復配となれば低位株だけに“復配銘柄は大化けする”との格言通り、人気化の可能性が高まる。

 チャート的にも中段で三角もち合いが煮詰まっており動意含み。まずは噴き値狙いで溜め込んでみたい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)