新日鉄住金が反発、岡三証券が目標株価引き上げ

 新日鉄住金<5401.T>が反発。5日付で岡三証券がレーティング「中立」を据え置き、目標株価を320円から340円に引き上げた。岡三証では今14年3月期について会社側は連結経常利益予想を従来の3000億円から3400億円へ引き上げたが、第2四半期から第3四半期以降にかけての高炉改修や為替、各種費用の増加などで610億円の減益要因を織り込んでおり、依然保守的な印象としている。来15年3月期は圧延ラインなどの統合が本格化し、経営統合の効果が最も寄与するとして、前回予想の連結経常利益4150億円を4390億円に引き上げた。目標株価は14年3月期末予想PBR1.2 倍相当として340円に設定している。

日鉄住金の株価は14時25分現在322円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)