ヤマシナが今3月期利益増額、コスト努力で前期比3割強の最終増益に

 ヤマシナ<5955.T>が6日、14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表。売上高は従来予想の52億円から51億円(前期比横ばい)に若干の減額となったが、営業利益は1億7500万円から2億1000万円(同32.1%増)、最終利益は1億5200万円から2億円(同32.5%増)に増額された。生産効率の向上やコスト削減の徹底が結実し利益率が向上、今後も改善効果が継続する見通し。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)