特種東海が4~9月期利益を増額、最終利益2.8倍に

 特種東海製紙<3708.T>が6日、13年4~9月期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の380億円(前年同期比横ばい)からの修正はないが、営業利益は17億円から18億円(同28.0%減)に、最終利益は9億円から13億円(同2.8倍)に増額した。利益面では各種原価低減への取り組みが奏功しているほか、最終利益については固定資産除却損が減少したことや投資有価証券売却に関する税金費用の影響などが会社側想定と相違した。なお、通期の業績見通しについては従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)