理想科学が今3月期業績を増額、営業利益57億円に

 理想科学工業<6413.T>が6日、14年3月期通期の業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の793億円から820億円(前期比8.7%増)に、営業利益は54億円から57億円(同16.1%増)に、最終利益は36億円から38億5000万円(同20.2%減)に増額した。強みとするデジタル印刷機がアフリカやアジアなど新興国で伸長しているほか、主力のインクジェットプリンターも販売好調でインクなどの消耗品も伸びている。為替の円高修正効果も利益を押し上げている。なお、通期の想定為替レートは1ドル=97円、1ユーロ=128円としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)