航空電子がS高、自動車向けコネクター好調で14年3月期業績予想を上方修正

 日本航空電子<6807.T>がストップ高。6日引け後に14年3月期の連結業績見通しを、従来予想の売上高1500億円、経常利益100億円から、売上高1550億円(前期比19.6%増)、経常利益115億円(同48.6%増)に上方修正したことが好感されている。主力のコネクター事業が自動車分野の需要堅調を受けて好調に推移したことに加えて、下期の事業環境も堅調に推移するとの見方から業績予想を引き上げたとしている。また、業績予想の上方修正に合わせて、従来5円としていた期末配当を7円に引き上げ、年間配当を15円(従来計画13円、前期10円)にするとしたこともポジティブ評価されている。
 なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算は、売上高730億9300万円(前年同期比20.9%増)、経常利益55億4300万円(同52.3%増)となった。

航空電子の株価は10時49分現在1123円(△150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)