ヤマシナがしっかり、今3月期コスト努力で利益増額

 ヤマシナ<5955.T>が小幅続伸。株価は超低位株の範疇にあるが、業績面では自動車生産拡大を背景にねじ製品需要が回復色をみせている。同社は6日、14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表。営業利益を従来予想の1億7500万円から2億1000万円(同32.1%増)に、最終利益は1億5200万円から2億円(同32.5%増)に増額した。生産効率の向上やコスト削減の徹底が結実したかたちで、会社側では今後もその効果が継続するとみている。株価は9月初旬を境に25日移動平均線を下支えとした上昇波を形成、商いにも継続的に厚みが加わってきており先高期待を漂わせている。

ヤマシナの株価は11時25分現在52円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)