巴が前場終盤から急伸、9月中間期業績見込みの上方修正を好感

 巴コーポレーション<1921.T>が前場終盤から急伸し一時ストップ高。11時15分に、集計中の第2四半期累計(4~9月)の連結業績について、従来予想の売上高90億円、営業利益5000万円、純利益1000万円を利益面で上回り、売上高86億円(前年同期比11.0%増)、営業利益3億7000万円(前年同期3億2900万円の赤字)、純利益3億8000万円(同12億3000万円の赤字)になりそうだとの上方修正を発表したことが好感されている。上期に売り上げ計上を予定していた工事の一部が第3四半期以降にずれ込んだことで売上高は減額されたが、受注前段階での採算検討の徹底や原価低減などに努めたほか、販売用不動産の一部売却などによる不動産事業の利益増加などが寄与し利益は押し上げられたとしている。

巴の株価は12時59分現在536円(△65円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)