田淵電機は14年3月期通期連結利益を上方修正

 田淵電機<6624.T>は7日引け後、14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は、従来予想の440億円を410億円(前期比32.0%増)へと下方修正したものの、営業利益35億円を40億円(同3.2倍)へ、純利益25億円を30億円(同5.1倍)へとそれぞれ増額した。
 主としてアミューズメント用電源などが当初見込みより減少したことにより、従来の売上高予想を下回る結果となった。しかし、利益面では、原価率の改善に加え、売上構成比の変化による粗利益の増加などが上方修正に寄与している。
 なお、同時に発表した14年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は、売上高202億9000万円(前年同期比50.4%増)、営業利益22億7600万円(同7.4倍)、最終損益19億3800万円の黒字(前年同期は1億6800万円の赤字)となった。
 また、配当については、従来1株当たり3円としていた期末配当を5円に修正している。 
 

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)