エイベックスが大幅安、映画配信サービスなど目標下回り利益減額

 エイベックス・グループ・ホールディングス<7860.T>が大幅安、一時300円を超える下げとなった。同社は7日、14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の1610億円(前期比11.6%増)から変更はないが、営業利益は156億円から120億円(前期比14.5%減)に、最終利益は100億円から85億円(同16.1%増)に減額しており、これを悪材料視する売りが集中した。映像事業での映画配信サービスの期末目標会員数見直しに加え、本社ビル建て替え計画決定に伴い減価償却費の見積もり額を見直したことなどが背景。

エイベックスの株価は9時29分現在2214円(▼265円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)