ドル円、乱高下、押目買いか!?

マーケットコンディション
昨日のドル円は、98.62円で始まると98円後半を推移していたが、ECBの予想外の利下げにより、ユーロが売られ、ドルが買われる展開となる。ドル円も99.40円近辺の高値をつけた。しかし、買いは継続せず、NYダウ・日経平均先物・米国長期金利の値下げを受け、一転下落となり、99円割れから、97.62円近辺まで下落した。その後買い戻され98.08円でクローズをむかえた。
ドル円、乱高下、押目買いか!?
昨日は、久し振りにダイナミックな動きとなった。ECBの利下げは、まさにサプライズとなり、ユーロ下落となった。ドル円のハイローで1.78円の動きである。ドル円単体の要因では、重かった上値99円と下値98円の壁をいとも簡単にブレイクした。終わってみると、日足ベースで上下に長い髭を残した陰線となり、98円台に戻り、落ち着いた感がる。上下にストップを入れてアゲンストになる場合もあるが、ストップを悔しがってはいけない。ストップは、あくまで保険である。保険にはコストがかかるものである。一気に上昇・下落しなかったことから、目先の上下ラインが見えたのではないか。短期売買であれば、「97円台は買い」、「99円台は売り」。

☆戦略
買い継続

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
101.87(93.79-98.68-96.96:エクスパンション100%戻し)
101.27(7/8の高値)
100.86(7/19の高値)
100.60(9/11の高値)
100.00
99.67(9/20の高値)
99.40(11/7の高値)

-------------------------------------------------------

96.62(11/7の安値)
96.56(10/8の安値)
95.92(8/12の安値)
95.79(8/8の安値)
95.58(7/8H101.53-7/11L98.27-/19H100.86の161.8%)
93.79(6/13の安値)

注)本日の予想は11月8日9:30に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。