A&Dが大幅安で6日続落、第2四半期の営業赤字を嫌気

 エー・アンド・デイ<7745.T>が大幅安で6日続落。同社は7日大引け後に第2四半期累計(4~9月)決算を発表。連結売上高で当初計画の178億円に対して166億9500万円(前期比10.1%増)、営業損益で4億円に対して1億9000万円の赤字(前年同期実績1億4400万円)となったことが嫌気されている。計測・制御・シミュレーションシステム(DSPシステム)や医療機器を中心に予想を下回る状況になっている。通期は売上高392億円(前期比14.2%増)、営業利益23億円(同75.7%増)と当初予想を継続している。

A&Dの株価は9時43分現在566円(▼42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)