ディーエヌエーが大幅続落、交流ゲームの不振で第2四半期営業17%減益、第3四半期は25%減益に

 ディー・エヌ・エー<2432.T>が大幅続落、株価は前日比243円安の1827円まで売り込まれた。7日取引終了後に発表した今14年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は交流ゲームの不振で、営業利益320億5800万円(前年同期比17.4%減)と大幅減益になり、第3四半期は438億円(同25.3%減)と減益幅拡大を予想したことが嫌気されている。通期予想についてはソーシャルゲーム関連市場の成長速度の予測が難しく、人気タイトルの有無など、不確定要素に収益が大きく左右されることから、信頼性の高い予想数値を算出できないとして非開示としている。

ディーエヌエーの株価は10時5分現在1832円(▼238円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)