宮地エンジが急騰、三菱重との提携が起爆剤に

 宮地エンジニアリンググループ<3431.T>が急騰、年初来高値を一気に抜き去り一時ストップ高寸前の298円まで買われた。三菱重工業<7011.T>が同社と橋梁事業の業務提携に向け協議を開始することで基本合意したと発表、これが株価の起爆材料となった。橋梁事業を展開するそれぞれの子会社で技術提携するが、将来的には資本提携も検討するとしており株価にポジティブインパクトを与えている。宮地エンジは仕手材料株との位置付けで過去にも人気化することが多かったが、株価300円台復帰となると2005年5月以来8年半ぶりとなる。

宮地エンジの株価は10時2分現在295円(△73円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)