<前場の注目銘柄>=旭化成、年初来高値圏で強い動き

 旭化成<3407.T>は年初来高値圏で強い動きを見せている。今14年3月期上期(4~9月)は連結経常利益728億8600万円、前年同期比2倍強と大幅増益を達成、通期は前回予想の1300億円を1430億円、前期比50.3%増へ上方修正した。

 骨粗しょう症治療剤など医薬品販売が拡大、円安効果もあってエレクトロニクスも堅調に推移する見込み。主力のケミカルもスチレンモノマーの市況改善とエンジニアリング樹脂、省燃費タイヤ向け合成ゴム、添加剤やコーティングなどの伸びで大幅増収益が続く。

 PERは12倍台と割安感が働き、信用残は買いの整理が進む一方、売りが増えるなど需給も良好だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)