黒崎播磨が急反騰 未定としていた通期業績予想を発表、最終利益27%増益予想を好感

 黒崎播磨<5352.T>が急反騰。7日引け後に未定としていた14年3月期の連結業績予想と期末配当予想を発表しており、業績は売上高978億6000万円(前期比0.5%増)、営業利益28億1000万円(同19.1%増)、純利益17億5000万円(同27.5%増)と大幅増益を見込み、期末配当も3円として年間配当を5円(前期3円50銭)にするとしたことが好感されている。大型建設用向けの耐火物が伸び悩んでいるものの、低価格原料への切り替えやコスト削減などが寄与する見通し。
 なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高488億9500万円(前年同期比2.5%減)、営業利益10億6800万円(同42.2%減)、純利益8億4100万円(同5.6%減)となった。大型建設用向けの耐火物が減少したほか、円安に伴う原材料価格の上昇が利益を圧迫した。

黒崎播磨の株価は11時12分現在296円(△63円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)