加藤製が続落、今3月期予想増額も材料出尽し感

 加藤製作所<6390.T>が続落。同社は7日、大引け後に14年3月期の業績予想を修正。通期連結売上高で当初計画の610億円から680億円(前期比17.0%増)へ、営業利益で30億円から43億円(同2.1倍)へ増額。年間配当も8円から9円(前期実績8円)に引き上げたが、株価は10月30日に702円の年初来高値をつけていたことから、材料出尽しの動きとなっている。震災復興需要や買い替え需要に下支えられ、堅調に推移、海外でも円安効果により建設用クレーンが拡大している。東南アジア向けクレーンの需要も引き続き順調に推移することが見込まれており、調整一巡後は好実態が見直されそうだ。

加藤製の株価は11時18分現在640円(▼36円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)