楽天は軟調、金融事業好調で第3四半期営業利益23%増

 楽天<4755.T>が軟調。同社は7日、14年3月期第3四半期累計(1~9月)連結決算を発表した。売上高は3697億2500万円(前年同期比32.1%増)、営業利益は710億2000万円(同22.9%増)、最終利益は363億3900万円(同13.0%増)となった。
 インターネット金融事業では、『楽天カード』会員数が増加したことでショッピング取扱高が前年同期比39.6%増となったことや、証券事業では金融市場の活性化を背景に、国内株売買代金が前年同期比で260.0%増加するなど好調に推移した。また、東北楽天ゴールデンイーグルス初のリーグ優勝を記念した『楽天優勝セール』の開催などの効果もあり、国内EC流通総額は前年同期比18.3%増となるなども業績を押し上げている。

楽天の株価は12時41分現在1322円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)