アーバネットが大幅3日続落、第1四半期大幅減益を嫌気

 アーバネットコーポレーション<3242.T>が大幅3日続落。7日引け後に発表した第1四半期(7~9月)単独決算が売上高8億4500万円(前年同期比56.7%減)、営業利益200万円(同99.1%減)、純損益4700万円の赤字(前年同期2億5300万円の黒字)と大幅営業減益・最終赤字となったことを嫌気。期中、投資用ワンルームマンション2棟の一部戸別決済28戸、買取再販による分譲用コンパクトマンション1戸、契約済みだった共同事業による土地転売2件のうち1件を売り上げに計上したが、先行費用を吸収するには遠かった。
 これに対して会社側では「当期が下期集中計上型であることによる想定内の状況」としており、14年6月期通期業績予想は売上高100億円(前期比41.0%増)、営業利益10億3500万円(同36.6%増)、純利益7億8000万円(同7.7%増)の従来予想を据え置いている。

アーバネットの株価は13時6分現在270円(▼20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)