コスモ石に強弱感、シティは「買い」、SMBC日興は「2」に引き下げ

 コスモ石油<5007.T>に強弱感が対立している。7日にシティグループ証券は、同社の投資判断を「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価を190円から210円とした。一方、SMBC日興証券では同日、投資評価を「1」から「2」に引き下げ、目標株価は300円から200円に見直した。シティ証券では、「千葉製油所のフル操業による石油利益の下期黒字転換」や「2015年3月期の増益」などを評価。また、復配時の配当は4円を予想している。SMBC日興証券では足もとの石油製品マージンの低下を懸念し、2014年3月期以降の業績予想を減額修正している。
 同社株は、8日早朝発表のモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の定期入れ替えで指数からの除外も発表されたが、この日の株価は小動きで推移している。

コスモ石の株価は13時18分現在170円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)