イマジカロボが8日続落、第2四半期は前回予想上回るも経常25%の大幅減益

 イマジカ・ロボット ホールディングス<6879.T>が8日続落、株価は一時前日比100円安の766円まで売り込まれた。7日取引終了後に発表した今14年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は経常利益が7億600万円(前年同期比24.9%減)と前回予想の525億円を上回ったものの、大幅減益に終わった。
 第2四半期は高採算の映像システムの販売が堅調だったが、主力のバラエティ番組の編集作業が減少したことや放送事業が営業赤字に陥ったことなどから大幅な減益になった。通期の経常利益は22億円(前期比5.0%増)と前回予想を据え置いたが、進捗率の低さから計画未達が警戒されたようだ。

イマジカロボの株価は15時現在834円(▼32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)