ダイヤモンド電機が後場急伸、自動車機器など伸び第2四半期業績を上方修正

 ダイヤモンド電機<6895.T>が後場、急伸。前場取引終了後の午前11時30分に第2四半期(4~9月)連結業績の上方修正を発表したことが好感された。売上高は210億円から244億100万円(前年同期比21.2%増)に見直したほか、経常損益は2億5000万円の黒字から5億2300万円の黒字(前年同期は6億9100万円の赤字)に増額した。自動車機器は海外が好調だったほか、電子機器ではパワーコンディショナーなど新製品が寄与した。

ダイヤモンド電機の株価は15時現在384円(△41円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)