日セラミックは先行投資増で今12月期営業利益予想を下方修正

 日本セラミック<6929.T>はこの日、大引け後に13年12月期の通期予想を修正。連結売上高では当初計画の175億円(前期比8.8%増)を据え置いているが営業利益では26億円から18億円(同4.9%減)へ下方修正した。自動車の安全性向上に貢献する衝突防止用センサなどで、将来を見据えた高品質製品のソフトとハードの整備充実のために、先行投資費用が増加していることが要因。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)