兵機海運は今3月期売上げ増額も運行収支の悪化などで利益予想は下方修正

 兵機海運<9362.T>は8日取引終了後に今14年3月期の連結利益予想を下方修正した。集計中の第2四半期累計(4~9月)は前回予想の売上高66億円を68億8000万円(前年同期比8.8%増)に引き上げたが、経常利益8000万円を5000万円(同7.1倍)へ減額するなど利益予想を引き下げた。通期も売上高133億円を140億円(前期比10.9%増)へ引き上げたが、経常利益1億5000万円を1憶円(同78.6%増)へ減額するなど利益予想を下方修正した。鋼材の荷動きが東日本大震災の復興事業や公共工事などによって活発化したことで売上高は計画を上回るが、外航船運賃収入の減少や運行収支の悪化、経費増加も利益を圧迫する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)