協同飼料と日配飼料が経営統合に向け検討開始、来年10月メドに持ち株会社設立へ

 協同飼料<2052.T>と日本配合飼料<2056.T>は8日、経営統合に向けた検討を開始することで合意したことを明らかにした。この日、経営統合の検討開始の覚書を締結した。来年3月末に経営統合に関する最終契約を締結し、来年10月1日の持ち株会社設立を予定している。持ち株会社の商号や役員構成、株式移転比率などは今後決定する。
 円安や輸入原料高騰、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加など配合飼料業界を巡る外部環境が変化しているが、両社は経営統合により業界のリーディングカンパニーを目指すとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)