シーマは軟調、今3月期は低価格化と企業間競争激化で赤字に転落

 シーマ<7638.T>が軟調。8日取引終了後に今14年3月期の連結業績予想を下方修正した。集計中の第2四半期累計(4~9月)は前回予想の売上高44億9300万円を37億6000万円(前年同期比18.2%減)に引き下げ、経常損益2600万円の黒字から4億4200万円の赤字(前年同期2億7100万円の赤字)を見込んだ。通期も売上高93億2900万円を72億6500万円(前期比15.1%減)に引き下げ、経常損益3億1900万円の黒字を13憶9300万円の赤字(前期6億8400万円の赤字)とするなど、営業から最終段階まで赤字を予想した。商品単価の低価格化が進むと同時に企業間競争が激化、売上高が大きく減少し損益が急速に悪化する。

シーマの株価は9時59分現在23円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)