イリソ電子が急反落、14年3月期業績予想を上方修正も利益確定売りに押される

 イリソ電子工業<6908.T>が急反落。前週末8日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高280億円、経常利益38億円から、売上高310億円(前期比25.1%増)、経常利益52億円(同69.8%増)に上方修正したが、好決算期待から株価は直近で強含みで推移しており、この日はいったん利益を確定する動きとなっているようだ。
 上方修正は円安効果に加えて、車載分野が中国や米国市場で好調に推移していることが売上高を押し上げるほか、上期に金・銅などの素材価格が低位で推移したことや、さらに材料費の削減などの原価低減の効果が寄与するとしている。なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高154億8000万円(前年同期比26.9%増)、経常利益28億6000万円(同2.2倍)となった。

イリソ電子の株価は10時23分現在3780円(▼355円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)