一六堂がしっかり、立会外分売を発表で流動性向上に期待

 一六堂<3366.T>がしっかり。同社は7日、立会外分売を発表、42万株を14~20日の期間内に行う予定で、会社側はこれにより株式の流動性向上および株主数の増加を図る方針で、これが株価を刺激している。同社は都内を中心に天地旬鮮「八吉」など高級居酒屋を展開している。今3月期業績は大幅減益見通しで株価は調整トレンドにあるが、PBR0.8倍前後と指標面から割安で目先下げ止まり感が出ている。アベノミクス効果は居酒屋業界でも脱デフレへの流れを味方につける高級店への追い風として意識されており、来期以降の巻き返しに期待がかかっている。

一六堂の株価は10時22分現在472円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)