東邦亜が3日続落、金属相場の低迷で今3月期通期予想を下方修正

 東邦亜鉛<5707.T>が3日続落。同社は8日、大引け後に14年3月期の通期予想を修正。連結売上高で当初予想の1290億円から1190億円(前期比14.8%増)へ、営業利益で41億円から35億円(同6.6倍)へ下方修正したことが嫌気されている。為替は想定よりも円安に推移するものの、亜鉛・鉛のLME(ロンドン金属取引所)相場では、中国をはじめとする新興国の経済減速に伴う需要鈍化や供給過剰構造の改善が進まないことなどにより、低迷が続くなど、金属相場が想定を下回っていることが影響している。

東邦亜の株価は10時33分現在284円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)