日和産業が安い、原材料高で第2四半期赤字転落し通期利益予想を減額

 日和産業<2055.T>が安い。8日取引終了後に今14年3月期の連結業績予想を下方修正した。集計中の第2四半期累計(4~9月)は前回予想の売上高250億円を238億円(前年同期比10.7%増)に引き下げ、経常損益5億円の黒字から1億3000万円の赤字(前年同期3億3100万円の黒字)とするなど、営業から最終段階まで赤字転落を予想した。通期は売上高500億円を460億円(前期比0.6%減)、経常利益10億円を1憶5000万円(同27.5%減)に引き下げた。販売数量減と原材料価格上昇に伴う製造コスト増を値上げで吸収しきれず、損益が悪化する。

日和産業の株価は10時30分現在197円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)