帝国電機が続落、ケミカル機器モータポンプ不振などで今3月期通期予想を下方修正

 帝国電機製作所<6333.T>が続落。同社は8日、大引け後に大引け後に14年3月期予想を修正。通期連結売上高で当初計画の188億6700万円から180億3600万円(前期比9.5%減)へ、営業利益で20億6300万円から14億6000万円(同32.2%減)へ下方修正したことが嫌気されている。冷凍・空調機器モータポンプは国内で増加したものの、主力のケミカル機器モータポンプは国内外で減少。新興国の景気減速による設備投資の落ち込みや太陽光発電向けポンプ売上の剥落なども影響している。

帝国電機の株価は10時43分現在2125円(▼64円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)