日本ラッドが動意含み、クラウド展開など業容拡大を評価

 日本ラッド<4736.T>がここにきて継続的な買いが流入、動意含みだ。通信制御ソフトなどを手掛けるが、今年7月より医療分野でのクラウドサービスをスタートさせているほか、ビッグデータ事業への参入で業容拡大を図っていることが材料視されている。4~9月期業績は連結最終損益が2億1300万円の赤字となったが、通期黒字化の計画で、5円配当継続の意向にある。自己資本比率は40%と財務面で安定していることも強みとなっている。

日本ラッドの株価は11時4分現在284円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)