C&R社が反発、初の本格ファンタジーRPGに期待

 クリーク・アンド・リバー社<4763.T>が反発、一時前日比19円高の434円まで買われ下げ止まる動き。同社は8日にディー・エヌ・エー<2432.T>が運営する「Mobage(モバゲー)」でソーシャルゲーム「神魔召喚ギルティチェイン」の提供を開始したことを発表した。新作は同社初の本格ファンタジーRPGで、某有名大作RPGを企画したクリエイターが参加し、企画から制作まで自社で行なった完全自社開発のオリジナルソーシャルゲーム。今後1年のうちに、新ゲームを韓国語や中国語、英語などに多言語化し、世界中のスマートフォンに向けて配信をしていくことも計画しており期待が高まっている。

C&R社の株価は14時5分現在420円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)