エンシュウが人気化、中段もみ合い上放れへ

 エンシュウ<6218.T>が商いを一気に膨らませ、中段三角もち合いから一気の上放れに動いている。自動車向けを主力とする工作機械はアジア新興国の自動車販売増勢が同社の収益に寄与、為替の円高修正の動きも追い風だ。ヤマハ発、浜松ホトニクスを大株主に擁しているが、エンジン用シリンダーの加工については、これまでヤマハ発が手がけていた鋳造工程を今月末までに全面移管する方針にあり、同社の株高材料として改めて注目されているようだ。株価低位で仕手材料性も強いことから投機性に富む個人資金を巻き込んでいる。

エンシュウの株価は15時現在171円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)