第一パンが13年12月期業績予想を上方修正、キャラクター商品の拡販など寄与

 第一屋製パン<2215.T>がこの日の取引終了後、13年12月期の連結業績見通しを売上高は従来予想の245億円(前期比1.2%減)はそのままに、営業利益を従来予想1億円から2億4000万円(前期2億100万円の赤字)へ、純利益を同4000万円から3億9000万円(同2億2900万円の赤字)へそれぞれ上方修正した。キャラクター商品を中心に積極的な販売活動を実施したことや、原価低減に向けての改善が一層進んだことなどが要因という。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(1~9月)決算は、売上高183億7500万円(前年同期比0.9%減)、営業利益2億900万円(前年同期3億4100万円の赤字)、純利益3億5600万円(同3億4400万円の赤字)となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)