12日の株式相場見通し=買い続かず上値の重い展開

 12日の東京株式市場は、買い手掛かり材料が不足するなかで、上値の重い展開となりそうだ。前日の米国株高や弱含みの円相場など、株価にとって下支え要因とはなるものの、買い上がるほどのインパクトには乏しく、上値は限定的となりそうだ。なお、きょうは大手ゼネコンの決算発表が予定されている。
 11日の米国株式市場は続伸。NYダウ平均株価は、前週末比21ドル高の1万5783ドルと前週末に続き終値ベースの史上最高値を更新した。外国為替市場では、1ドル=99円10銭台での推移となっている。
 日程面では、麻生財務相とルー米財務長官が都内で会談、10月のマネーストック、10月の消費動向調査、10月の工作機械受注、9月の第三次産業活動指数に注目。海外では、米シカゴ連銀全米活動指数が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)