東和薬品や沢井薬など後発薬関連が高い、後発薬使わないと減点との提言まとまるとの報道で

 東和薬品<4553.T>や沢井製薬<4555.T>、日医工<4541.T>などジェネリック薬関連銘柄が高い。きょう付の日本経済新聞で、政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)の民間議員が、社会保障効率化に向けた提言をまとめたと報じられたことを材料視。記事によると、後発薬の利用に消極的な病院は診療報酬を減らすなど不利になる措置を設けるよう促すとしており、これにより後発薬の利用がされに促進されるとの見方が強まっているようだ。

東和薬品の株価は9時47分現在4850円(△165円)
沢井薬の株価は9時47分現在7070円(△200円)
日医工の株価は9時47分現在2288円(△72円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)