EPSが反発、いちよし経研がフェアバリュー引き上げ、中期利益予想を増額修正で

 イーピーエス<4282.T>が反発。7日発表の決算を受けて、いちよし経済研究所が11日付で投資判断「A」を継続し、フェアバリューを12万8000円から、14万円に引き上げたことが観測されている。13年9月期は3割経常利益となったが、主要事業の下期の受注に好転の兆しがあるとしており、14年9月期は13%経常増益を予想。また、15年9月期の経常利益を52億8000万円から54億8000万円へ引き上げるなど中期利益予想を上方修正しており、これがフェアバリュー引き上げの要因としている。

EPSの株価は9時55分現在11万1700円(△2200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)