タカキタが急反騰、汎用型飼料収穫機など好調で14年3月期業績予想を上方修正

 タカキタ<6325.T>が急反騰し、11時10分現在で東証2部市場の値上がり率トップとなっている。11日引け後に14年3月期の単独業績見通しを従来予想の売上高55億円、経常利益4億5000万円から、売上高57億円(前期比10.7%増)、経常利益5億3000万円(同26.2%増)に上方修正したことを好感した買いが入っている。上期に国の畜産経営力向上緊急支援リース事業が追い風となり、汎用型飼料収穫機やホールクロップ収穫機が想定を上回る好調となったことが要因という。
 なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高33億4400万円(前年同期比16.5%増)、経常利益4億3300万円(同61.2%増)となった。修正値に対する進捗率は経常利益で82%に達していることから、さらなる上方修正も期待されているようだ。

タカキタの株価は11時25分現在293円(△72円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)