メッセージが続伸、9月中間期2ケタ増益を好感、三菱UFJMSは目標株価を引き上げ

 メッセージ<2400.T>が続伸。前日発表の第2四半期累計(4~9月)連結決算で、売上高363億9000万円(前期比10.5%増)、経常利益30億5200万円(同18.8%増)と2ケタ増益となったことを好感した買いが入っている。なお、14年3月期通期業績予想は売上高740億円(前期比10.1%増)、経常利益61億円(同27.3%増)の従来予想を据え置いている。
 決算発表を受けて三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、「今来期の業績V字回復の確度が高まった」として投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を3100円から3600円に引き上げている。アミーユの9月末入居率は96.9%(既存97.2%)と引き続き高水準の入居率を確保しているほか、赤字のCアミーユに関しても全体は79.0%ながら、既存施設では93.3%と安定した入居率を維持していることなどを評価している。

メッセージの株価は11時22分現在2819円(△119円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)