ヤクルトは堅調、「未来世紀ジパング」でインドネシアのヤクルトレディの活躍が放送される

 ヤクルト本社<2267.T>が堅調。11日にテレビ東京系列で放送された「未来世紀のジパング」で同社の販売戦略が特集された。日本企業の東南アジア展開が急ピッチで進む中、日本ならではの販売戦術で健闘する企業にスポットをあてる企画。現在乳酸菌飲料ヤクルトは、インドネシアで一日300万本以上売れている。その成功の裏にいたのは、日本ではおなじみの「ヤクルトレディ」。日本式の訪問販売であるが、インドネシアの「ヤクルトレディ」が約4900人もおり、地域に根ざした販売方法が功を奏し、このビジネスモデルが拡大しているようだ。

ヤクルトの株価は11時30分現在5040円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)