巴が後場急動意で一時8%高、14年3月期業績予想の上方修正を好感

 巴コーポレーション<1921.T>が後場急動意で一時、前日比42円(8.3%)高の549円をつける場面があった。前引け後に14年3月期の連結業績見通しを売上高は従来予想の200億円(前期比17.1%増)はそのままに、営業利益を同2億5000万円から5億円(前期4億1100万円の赤字)へ、純利益を同1億5000万円から4億円(同12億8400万円の赤字)へそれぞれ上方修正したことを好感した買いが入った。受注前段階での採算検討を徹底し、売上原価の低減や経費削減などを図ったことや、販売用不動産の一部売却などで不動産事業の利益が増加したことなどで、上期の各利益が想定を上回ったことが要因という。
 なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高86億4400万円(前年同期比11.6%増)、営業利益3億7700万円(前年同期3億2900万円の赤字)、純利益3億8600万円(同12億300万円の赤字)となった。

巴の株価は13時7分現在508円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)