松田産が堅調、自社株買い発表を好感

 松田産業<7456.T>が堅調。11日引け後に自社株取得枠の設定を発表したことを好感。8万株(発行済み株式数の0.30%)、1億円を上限としており、取得期間は11月12日から12月19日まで。
 同時に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算は、売上高838億7200万円(前年同期比3.3%増)、経常利益26億6400万円(同32.8%増)となった。貴金属関連事業、食品関連事業ともに伸長したが、従来予想の売上高860億円、経常利益31億5000万円には届かなかった。
 なお、14年3月期通期業績予想については、従来予想の売上高1750億円、経常利益65億円から、売上高1730億円(前期比3.4%増)、経常利益60億円(同1.4%減)に下方修正した。第2四半期が想定を下回ったことが要因という。

松田産の株価は13時29分現在1360円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)