ヤマエが軟調、第2四半期経常41%の大幅減益で通期利益予想を減額

 ヤマエ久野<8108.T>が軟調。きょう午後2時に発表した今14年3月期の第2四半期(4~9月)の連結決算は増収ながら経常利益10億6300万円(前年同期比41.0%減)と大幅減益になり、通期の利益予想を下方修正したことが嫌気されている。前回予想の売上高3300億円を3500億円(前期比11.6%増)へ引き上げたが、経常利益は42億円を31億円(同24.9%減)に減額するなど利益予想を引き下げた。競争激化で粗利率が低下、物流経費なども利益を圧迫する。

ヤマエの株価は14時27分現在913円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)