ドル円、強地合いだが・・・・

100円の壁を越えられるか?
 10月雇用統計の強い数字が、FRBの早期テイパリング(量的緩和ペースの縮小)開始の前倒し予想を強めており、米ドルが堅調な地合いを強めています。これに日米株価の上昇も加わっている為、ドル円は本日、9月20日以来の高値圏まで上昇しています。

 先週までは、5月22日の103.735円を起点としたレジスタンスラインが上値を抑え、チャート上の三角保ち合いが意識されていました。そのレジスタンスライン上抜けが現実のものとなり、このまま、上昇基調が強まるとの見方も徐々に強まって来るものと思われます。

 昨日は、米国市場がベテランズデーとなっていて、債券市場が休場となる等、やや閑散な状況となっていて、そんな中での米国株上昇による、NYダウ史上最高値更新でした。これが、単に「閑散に売り無し」によるものだったのかどうか、米国株の高値警戒感はかなり強いだけに、今夜の米国株式動向には注目です。

もし、強地合いが、今夜も続く様であれば、外為市場にも影響し、ドル円も、愈々、100円の手前に聳え立つ、高い壁超えに挑戦するかもしれません。今夜は重要な米国指標の発表も予定されていませんが、逆に、弱い数字に株式市場が影響されるおそれも無い事から、ある意味、地合いの強さが端的に現れるチャンスなのかもしれません。