100円台乗せの可能性浮上=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

100円台乗せの可能性浮上
東京市場のドル/円相場は日経平均株価が14500円台を回復するなど堅調に推移する中で99円台後半まで上昇した。

本日、米国の主要経済指標の発表等は無い。ただし、複数の米連邦公開市場委員会(FOMC)要人の発言機会が予定されている。発言内容を受けて米量的緩和縮小の時期に関する思惑が変化すれば、株価や米長期金利に影響を及ぼし、ドル/円の変動要因になってくる可能性があるため、報じられる発言内容には要注意だ。

100円付近に向けて本邦輸出勢などによるドル売り・円買い注文がかなり入っているとの話も聞こえるが、要人発言を受けてドル買いが加速するような動きを見せれば、ドル/円もストップを絡めて100円台に載せる可能性は残るため、油断は禁物だろう。