13日の株式相場見通し=利益確定の売りで上値重い

 13日の東京株式市場は、前日の米株式市場でNYダウ平均株価が小幅反落になったことや、前日の日経平均株価が大幅上昇したことへの反動もあり、利益確定の売りが優勢で上値の重い展開となりそうだ。
 12日の米国株式市場は、NYダウが前日比32ドル安の1万5750ドルと3日ぶりに小幅反落した。外国為替市場では、1ドル=99円60銭台での推移となっている。
 日程面では、9月の機械受注統計と10~12月の見通し、10月の企業物価指数、またグリーの7~9月期決算が予定されている。海外では、9月のユーロ圏鉱工業生産、10月の米財政収支、米10年物国債の入札がある。また、バーナンキFRB議長の講演が予定され、ドル円相場への影響などが注視される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)